絨毯ができるまで

ガンダーラの絨毯は、多くの人の手間の結晶から産まれる美術工芸品です。このページでは、その一端を実際の写真でご紹介いたします。


1、糸をつくる

ガズニウール手紡ぎ


 

手紡ぎ

指でヨリをかけ糸をつくる。
長毛のガズニウールは手紡ぎに最適である。

  羊の毛の色は一色だけではない。
無染色で、そのまま使用することも多い。
ナチュラルな絨毯となる。

2、染料 ・ 染色(草木染の例)

染料の一部
 

草花や木の根、実などの粉末が草木染の原料となる。

 
ウールは動物(羊)の毛。油脂分が多く染料が染みにくい。釜で長時間煮込んで染める。

好天で乾かし、糸は出来る

手紡ぎの糸はくねくねしていて織り手泣かせだ。

3、図案


トルコヘレケのデザイナー
 
独特の感性でアラベスク模様を創作する  
ペルシャ ・アリナサーブ工房

4、織り機






織り機(ルーム)にタテ糸を張る

織りのクオリティーを決める重要な工程だ。



 

 

5、織る ・・・ 結ぶ 

当社オリジナル「カラコルン」
 
トルコヘレケを織る
パキスタンでは男性の仕事になっている   イラン ・ トルコでは若い女性が織っている

 

織ると言うより、結びつけると言った方が実態に近い。

6、洗い

 

織り上がった絨毯は洗剤で繰り返し何回も洗い、ブラシをかけ天日で乾燥させる。

洗いには3つの役目がある。
1、織り作業中の汚れや糸くずなどを洗い流す。
2、光沢を出し、発色を高める。
3、柔軟剤を加え、ソフトな仕上がりにする。


洗い2
 
脱水
洗剤を広げ、泡を立てる
 
トンボでしごき汚れを押し出す
この作業を何度も繰り返す

7、乾かす

干し
 
干し2
洗った絨毯はいたる所に広げて乾かす   高温、乾燥の地に大粒の玉じゃりを敷き、空気の流れを作っているのですばやく乾く

8、シャーリング

シャーリング

 

 

表面を薄くカットしながら厚みを一定にし、デコボコのない平滑な絨毯にする。

9、仕上げ

直し

 

仕上げ
結びの色違い部分などを直す   房を結び、最終チェックを済ませると完成

 

織る人のミスにより、違う色が入っていることはよくある。
仕上げ工程でチェックし糸を差し替える。また、房や耳(ロック)を取り付ければ総仕上げとなる。

10、取引

取引

 

取引2
外国のバイヤーに力強い口調で売り込む   特殊サイズの品物などはネゴに時間がかかる

11、買付け

 

天井まで積まれたストックの中
から希望のものを選べる

 
ジャムシディー工房
作家と直接話し新作をゲット
 (ペルシャ、クム ジャムシーディー氏と)

食事などで親睦を深める。
お国柄、お酒が出ないのがさびしい…。
     (イラン、テヘラン某社にて)


   

ページTOPへ



ペルシャ絨毯のほか手織り絨毯のことならガンダーラ お問い合わせはお気軽に… Tel 03-3865-3841